植木フルート&クラシックギター教室の日記

植木フルート&クラシックギター教室は新潟市中央区の閑静な住宅街に佇む音楽教室です。このブログではフルートやクラシックギターを新しく始めたい、あるいはすでにやっている方向けの情報や当教室の講師の日常の一場面を綴っていきます。よろしくお願いします。

忙しい時も日課を….

出張演奏の準備の間、音感トレーニングはサボり気味でした。水曜の本番が終わって以来また再開しています。 どんなに忙しくても、5分でも良いから毎日続けるべきだったと反省しています。 なかなか本番前など焦りがある状況で音感練習のような本番と関係ない…

ハウルとギター

ジブリ映画『ハウルの動く城』には原作があります。ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるファンタジー小説です。映画との違いが気になって読をんでみました。 予想していたより違いが沢山あります。映画には描かれなかったことが分かって面白いです。ハウルが…

発表会の会場探し

昨日のことですが、西大畑の砂丘館に行ってきました。発表会の会場にどうかなと思い、見学させて頂きました。居心地の良い和室や蔵などを借りることができます。許可を得て持参したウクレレで響きなどをチェックしてみたところ、蔵が特に綺麗に響きました。 …

鐘の響き

ブラジルの作曲家J.ペルナンブーコ作曲の「鐘の響き」の動画をアップしました。 「鐘の響き」はショーロというジャンルの曲です。ショーロは19世紀のブラジルで生まれた器楽音楽です。フルート、ギター、カバキーニョなどで合奏されることが多く、即興的な要…

クラシックギター

とある場所での出張演奏の仕事で15分ほど演奏して来ました。80人ほどのお客さんの前で演奏する仕事で、今までにも何度か呼んで頂いたイベントでした。 マイクで音を拾う必要のあるシチュエーションでの演奏なのですが、それにも関わらず、今までは19世紀ギタ…

ブーレ

新しい動画をアップしました。今回の曲はJ.S.バッハのリュート組曲第1番BWV996よりブーレです。 組曲とは数種の舞曲などをセットで演奏するバロック期に生まれた形式です。 ブーレはフランス起源の舞曲で、2拍子と少し早めのテンポが特徴です。 良い曲ですの…

マリア・ルイサ

サグレラス作曲のマリア・ルイサの動画をYoutubeにアップしました。以前音だけをアップしたのですが、やっぱり演奏している映像があった方が良いかと思い、再び作成しました。 映像を銀幕加工してみました。細部が見えづらいですが、古そうな印象が良いです…

ギターに関する本

『僕らが作ったギターの名器』という本を読んでいます。著者の方はアコースティックギターやエレキギター製作に携わってきた人なのですが、本の中にはクラシックギターについての記述もあります。ギター製作に関する様々なことがわかりやすい言葉で書いてあ…

ディナー・ショー(?)

来週の出張演奏のレパートリーが準備できました。そこで試しに夕食を食べている家族に聴いてもらいました。 娘が体を揺らしながら楽しそうに聴いてくれたので嬉しかったです 新しいレパートリーを弾く際は何回か家族に聴いてもらい、人前で弾く経験をするよ…

ビルマの竪琴

リラ・ギターの動画を観て頂いた方に「ビルマの竪琴」を思い出したと言われました。学生時代に一度授業で読んだのですが、内容が思い出せなかったので読み返してみました。 ちょっと現代の感覚では引っかかる言葉や児童文学としては残酷すぎるように思える場…

最近練習の時に動画を撮ったり、録音するようにしています。そうすることで客観的に自分の演奏をチェックできます。 演奏しながらでは聴き逃してしまう細部も確認できます。 録音は鏡のようなものだと思います。身だしなみを鏡の前でチェックするみたいに、…

シャボン玉

今日は空いた時間に妻子とシャボン玉をして遊びました。 天気の良い日にシャボン玉を眺めるのは心地よいです 童謡の『シャボン玉の歌』の歌詞とメロディーが自然と頭に浮かびました。この歌は「シャボン玉」を「人」に置き換えて解釈するとせつない内容にな…

爪の手入れ

このブログで何度か指頭奏法について書いたことがあります。 簡単に言えば右手の爪を伸ばさずに指先で弦を弾く演奏方法です。 人それぞれやり方があると思いますが、私は爪を毎日ヤスリで削って手入れをしてから弾いています。いい加減な状態だと、引っかか…

アンサンブルのメンバーとして活動している、キャトルフルートのYouTubeチャンネルに、メンバーのうちの3人で演奏した「糸」の演奏動画がアップされました♪ こういったメロディの曲はフルートにとても良く似合いますし、吹きやすくて、吹いていて気持ちいい…

鬼の金棒

妻が近くのスーパーで買ってきた「鬼の金棒」というお菓子がとても美味しかったです。 モチモチとして香ばしいカリントウの生地の中にあんこが詰まっています。以前食べたことがあるような懐かしい味でした。(実際に食べたことがあるのかもしれませんが) 少…

薔薇

教室の庭のピンクの薔薇が綺麗に咲いていました。散歩が楽しい季節になりましたね😊 萎れてきた花を切り落とすと、同じ木の他の花が元気に咲くそうです。なんだか人間に置き換えると悲しい話です。 なんでも人に置き換えだしたら、やってられませんね💦 植木

指先

昨晩、右手の指先の皮膚を少し固くしようと思い、アコギでアルペジオの練習をしました。あえて強めに音を出すようにして、指先に刺激を与えました。 今朝ナイロン弦のギターを弾くと右手の指先が少しじんじんと痛かったです。あまり急激に固くしようとすると…

バスク・チーズケーキ

今日は快晴で気持ちの良い日でした。日が本当に長くなりましたね。18時半なのにまだ明るいです。 シチューに入れる白ワインを買い忘れてしまい、夕方に学校町の酒屋さんまで買いに行きました。散歩したかったので丁度良かったです。 悪い癖でまたついでに甘…

オールド・ファッション

用事で街に出たついでにドーナツを買ってきました。ドーナツを買うときは必ずオールド・ファッションを混ぜます。 太らないための細やかな抵抗です。罪悪感の緩和でもあります。 そしてなんとなくオールド・ファッションという名前にも好感があります。私は…

隙間時間

最近隙間時間にアコギで弾き語りをすることがあります。以前ブログで紹介したコード2つから弾ける洋楽スタンダードから適当な歌を選んでやっています。 人に披露するような歌唱力ではありませんが、シンプルなストロークに合わせて歌うだけで結構楽しいです…

出張演奏

最近出張演奏の依頼があったので、今日は曲目を考えていました。 20分ほどの演奏なのですが、たまにはいろんな時代やジャンルの曲を弾いてみようと思い、あれこれ考えていました。 今回はバロック、古典派、ブラジル、ポップスから一曲ずつやることにしまし…

地下室

ドストエフスキーの『地下室の記録』という小説を読みました。ギターについての描写が出てくることを期待して読んだのですが、この本には出てきませんでした。 『カラマーゾフの兄弟』にギターが出て来るので、もしかしたら他の作品にも出て来るかと思い、ド…

前転後転

今夜は月が綺麗に見えています。 先程子供に前転と後転を披露したら、首と肩を痛めました 以前寝違えた場所と同じなので2、3日で治ると思いますが、もはや20代のような強い身体ではないみたいです。 治ったら何か運動でも始めようかと思いました。せっかくや…

リラ・ギター

久しぶりに動画をアップしました。 今回はリラ・ギターという竪琴のような特殊な形状のギターを演奏しています。 この楽器はマリー・アントワネットも演奏したと言われています。その時代のサロンで人気がありました。カルッリ、カルカッシ、ソル、ジュリア…

ジェラート

今日の午前中に急に思い立って雨の中、近所のジェラート屋さんに行きました。店先のオープンの飲食スペースから見える緑が季節の変化を感じさせます。 お金の受け渡しを機械化していますし、密を避ける工夫などの感染対策もされているので安心してジェラート…

図書館にて

日中に図書館でやっている絵本の読み聞かせに行ってきました。妻はよく娘を連れて行くのですが、私は初参加でした。 図書館の一隅にある小さなフローリングのスペースでスタッフの方が和やかに絵本を読んでくれました。数組の親子が参加していてアットホーム…

アッシャー家の崩壊とギター

アメリカの作家であるエドガー・アラン・ポー(1809〜1849)の短編小説「アッシャー家の崩壊』にはギターが登場します。 これはクラシックギター好きなら読まずとも推測できることかもしれません。 ニキータ・コシュキンの『アッシャー・ワルツ』がこの小説を…

アンダンテな散歩

夕方に散歩がてら近くの薬局まで買い物に行ってきました。(意外と遠くて40分くらい歩きました) 一人で歩いていると、つい頭の中でギターの練習をしたくなります。ちょっと気をつけないと危ないですね。 自宅で椅子に座りながらとか、ベッドに横になりながら…

ギターを弾く少女

今日は祖父の102歳の誕生日でした。 102年は長い時間ですね。102年前ならまだコナン・ドイルが存命でシャーロック・ホームズシリーズを執筆していたはずです。 そんな祖父の家から画集(?)を借りることがあります。私が子供の頃からある分厚い本数冊で、有名…

ホームズとギター

シャーロック・ホームズの短編5冊の再読がようやく終わりました。 この読み返しの目的はホームズがヴァイオリンをギターのように膝に構えて指で爪弾くシーンがあったかどうかをチェックすることでした。 結局指で弾くシーンは見つかりませんでした。前にも書…